便秘解消にいい食べ物

便秘解消にいい食べ物はどんな食べ物?

 

頑固な便秘を、食べ物で解消することも可能です。
便秘を解消する食べ物を摂ることによって、
腸内の動きを活発にしたり便の量を増やしたり、
柔らかくしてあげることで便秘を解消することができるのです。

便秘の多くは、腸内の動きが鈍っていたり便が硬くなることで起こるので
便秘を解消する食べ物を摂ることで便秘を解消するのはかなり有効です。

ただし、”器質性便秘”という便秘は食べ物では解消することが難しいようです。
これは、腸の疾患などによる便秘でこれによる便秘は早めに専門の医者にかかるようにしましょう。

便秘解消にいい食べ物は、
・食物繊維
・ビフィズス菌
・水溶性、不溶性食物繊維

を含んでいるものがオススメです。

普段の食卓に簡単に出せる物も多くあるので
便秘で苦しんでいる方は是非便秘に良い食べ物を覚えておいて、
積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

それでは便秘解消にいい食べ物を紹介します。

便秘解消にいい食べ物 ヨーグルト

ヨーグルト
便秘解消の王道ともいわれるヨーグルト。
ヨーグルトが便秘解消に良いと言われているその理由は、
このヨーグルトの中に入っている”ビフィズス菌”です。
ビフィズス菌には、腸内にいる善玉菌の働きを助けてくれる役割と善玉菌のエサになるのです。

そのため、腸内の動きが鈍って起こる便秘にはかなり有効な食べ物なのです。
闇雲にヨーグルトを食べるのではなく、オススメは寝る前に食べることです。
これは、寝ている間にビフィズス菌がおなかの中を綺麗にしてくれるからです。
朝食にヨーグルトも良いのですが、
便秘によってヨーグルトを食べるのであれば夜寝る前に食べるほうが
効率が良いので是非今晩から試してみてはいかがでしょうか。

 

便秘解消にいい食べ物 さつまいも

さつまいも

さつまいもの中には食物繊維が多く含まれています。
さつまいもの食物繊維は”不溶性”。お水に溶けにくい性質を持った食物繊維です。
不溶性の食物繊維は水分を吸収してくれるだけではなく、
便の量を増やしてくれるので
腸内のぜん動運動が活発になりやすく便を出しやすくしてくれるのです。

また、さつまいもの中に含まれている”ヤラピン”は熱に強い栄養素で
こちらも不溶性食物繊維と同じ効果を持ちます。
このヤラピンのおかげで調理をしたさつまいもでも効果を得ることができます。
さつまいもの”レジスタントスターチ”という栄養素は、
善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる役割を持っています。
ただし、さつまいもは便秘の中でもとくに酷い便秘には効果を持ちません。
この場合”不溶性”ではなく”水溶性”の食物繊維を含んだ食べ物がオススメです。

便秘解消にいい食べ物 こんにゃく

こんにゃく

こんにゃくに含まれている水溶性食物繊維が、便秘を解消してくれます。
ですが、こんにゃくそのものは水溶性食物繊維を多く含んでいるのですが
製造過程で凝固剤を使用することによってこの水溶性が不溶性食物繊維に変化してしまいます。
こんにゃくは、胃の中に入ると消化されず
そのまま腸へ運ばれてその後便のかさを増やしてくれる効果を持っています。

これによって腸内を刺激して腸のぜん動運動を活発にしてくれるという効果を持っています。
また、長時間腸内にとどまることで
腸の中の余分なものを便として排出してくれるのでおなかを綺麗にすることができます。
ただ、不溶性食物繊維となるので食べ過ぎると
胃や腸に負担をかけてしまうので、食べすぎは注意です。
また、水溶性食物繊維の方が良いという方はこのこんにゃくではなく、
こんにゃくゼリーがオススメです!
こんにゃくゼリーは水溶性食物繊維を含んでいるので便秘を解消しやすいのです。
日本人は水溶性食物繊維が不足しているので、積極的に水溶性食物繊維を摂るようにしましょう。

便秘解消にいい食べ物 納豆

納豆などの大豆製品の中には毎日摂りたい食物繊維をたくさん含んでいます。
この大豆を発酵させて作った納豆には腸の中の善玉菌を増やしてくれる効果も持っているので
便秘を解消しやすい食べ物の1つになります。
また、納豆の中にはオリゴ糖も含んでいます。
オリゴ糖は健康食品としても注目されているのですが、
納豆の中には食物繊維に加えてオリゴ糖も多く含んでいるので効率が良いのです。
因みに、オリゴ糖には善玉菌を活発にしてくれる効果を持っています。
納豆に含まれている食物繊維は1パックにつきおよそ3グラム程度。
また、納豆以外にも豆腐、アズキやエンドウ豆、おから、きなこといった大豆製品や
豆類の中にもたくさんの食物繊維が含まれているため、
簡単でも良いのでできるだけ毎日食べるようにしましょう。

便秘解消にいい食べ物 バナナ

水溶性食物繊維+不溶性食物繊維をバランスよく配合している食べ物がこのバナナです。
バナナは、食物繊維も多く含んでいるのですが
このほかにも腸内環境を整えてくれるフラクトオリゴ糖もたくさん含んでいるのです。

オリゴ糖はこれ単体でも販売されているのですが、
バナナはこのオリゴ糖を含んでいるので効率よく便秘解消をすることができる食べ物の1つです。
オリゴ糖には、乳酸菌のエサになるのでバナナ単品で食べるよりも
ビフィズス菌をたくさん含んでいるヨーグルトと一緒に食べるのがオススメです。

また、バナナはこのほかにもカリウムやマグネシウムといった栄養素を多く含んでいます。
一番オススメなのは、シュガースポットが出ているバナナよりも
まだ熟しきっていない青みかかったバナナ。
1日1~2本程度を目安に食べるのがオススメです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ